ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 會社案內
  • 資材調達

2020年5月15日

2050年 「廃プラスチック“0”、CO?排出“0”、自然森林破壊“0”」を目指して 

「環境目標2030」 発信

ビジョン2050に向けた中期目標公開

 

ユニ?チャーム株式會社(本社:東京都港區、代表取締役 社長執行役員 : 高原豪久)は、環境負荷軽減の役割や責任が年々拡大している中、「廃プラスチック“0”?CO?排出“0”?自然森林破壊“0” 社會の実現」を達成するために、全社の環境重點目標として「環境目標2030」を設定しましたので、お知らせします。

 

 

環境目標2030 

 

  

 

 

 

 

 

■「環境目標2030」設定の背景と目的

當社商品の多くは衛生的な日常生活に欠かせない消費財であり、資源の利用や廃棄物発生など地球環境と密接に関係しています。一方で、世界中でよりよい商品を提供するためにアジアを中心としてグローバル展開を進めており、環境負荷低減の役割や責任が年々拡大しています。

このような中、當社は、環境基本方針、環境行動指針を制定し、全社員で持続可能な社會の実現に向けて「環境負荷低減」と「経済性」の“2つのエコ”の取り組みを推進していますが、このたび、10~30年先を見據えた取り組みに向け、2050年ビジョンを策定し、そこに到達するための「環境目標2030」を設定しました。

 

 

 

 

  

■今後について

當社は、消費財メーカーとして事業活動のさまざまな場面で資源を利用しています。

資源を利用し、事業活動を行うメーカーの責任として、資材調達から製造、輸送、使用後の廃棄に至るサプライチェーンの各事業活動を通じて、環境改善を推進していきます

 

 

當社HP 「サステナビリティ」サイト “環境マネジメント” にて詳細情報を公開しています。

http://www.imchriscole.com/csr-eco/environment/management/index.html

 

 

 

 

 

<<本件に関するお問い合わせ先>>

一般報道機関の方は、    ユニ?チャーム(株) 企畫本部広報室             TEL:03-6722-1019

 

 

 

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm

 
 
成年片黄网站色大全免费