サステナビリティサステナビリティトップへ

環境マネジメント

 

基本的な考え方?方針

ユニ?チャーム商品の多くは衛生的な日常生活に欠かせない消費財であり、資源の利用や廃棄物発生など地球環境と密接に関係しています。また、當社は世界中でよりよい商品を提供するためにアジアを中心としてグローバル展開を進めており、環境負荷低減の役割や責任が年々拡大しています。

當社では、企業理念體系(社是?“信念と誓い”と企業行動原則)の考え方に則り、環境基本方針、環境行動指針を制定し、全社員で環境活動に取り組んでいます。私たちが攜わる事業活動が環境に與える影響を把握し、持続可能な社會の実現に向けて「環境負荷低減」と「経済性」の“2つのエコ”の実現のための取り組みを推進しています。

環境基本方針、環境行動指針

ユニ?チャームグループ環境基本方針

私たちは、未來の世代へ美しい地球を受け継いでいくために、使い捨て商品を取り扱うメーカーとしての責任の大きさを認識し、全ての企業活動を通じて地球環境に配慮したモノづくりを推進します。

世界中の全ての人々のために、快適と感動と喜びを與えるような商品?サービスを提供し、地球環境保全と経済的成長を両立した持続的発展可能な社會の実現に貢獻します。

ユニ?チャームグループ 環境行動指針

法規制?ルールを守ろう!
ムダを省こう!
生産性を高めよう!
資源使用量を下げよう!
環境に良いものを選ぼう!
環境問題のことをもっと知ろう!
環境改善の輪を広げよう!

マネジメント體制

當社の環境活動は、代表取締役が委員長を務めるESG委員會が全體の管理?監督を行っています。

日々の業務と密接に関連するISO14001、ISO9001の統合的な運用については、各事業所が主體的に推進し、あらかじめ設定をした管理項目?KPIに照らしてゲート管理を行い、PDCAサイクルを回しています。なお、バリュー?チェーン全體の環境に関する狀況把握などはESG本部がこれを擔い、年4回開催するESG委員會に報告をします。2016年に策定した「Eco Plan 2020」を當社の環境重點目標として位置づけ、これを各部門の目標に落とし込み、さらに部門から個人の目標や、週単位の行動計畫に紐付けるといったきめの細かい活動をしています。

なお、「Eco Plan 2020」は本年2020年が最終年となることから、新たに「環境目標2030」を設定し、これを全社の環境重點目標としています。

環境マネジメント體制

ISOに基づく環境マネジメント

當社では、環境改善のツールとしてISO14001を導入し、環境マネジメントシステム(EMS)活動に則り、継続的改善を推進しています。

2017年に品質?環境両面での活動をより強化するために、品質?環境のマネジメントシステムを統合し、品質向上と環境負荷低減への活動を強化し、事業活動を通して環境への取り組みを行いました。また、従來環境活動の中心であった紙おむつや生理用品などの不織布加工?吸収物品に加えて、ペットケアカテゴリーまで適用範囲を拡大し、全社で定めた環境重點目標である「Eco Plan 2020」の達成に向けて活動を強化しました。

ユニ?チャームグループのISO9001、ISO14001、ISO13485取得狀況(認証単位)
取得認証単位名認証取得の狀況
ISO9001ISO14001ISO13485
ユニ?チャーム、ユニ?チャームプロダクツ (日本)
ユニ?チャーム國光ノンウーヴン (日本)
コスモテック(日本)
United Charm (臺灣-大中華圏)
UNIcharm(Thailand) (タイ)
PT.UNI-CHARM INDONESIA Factory1 (インドネシア)
PT.UNI-CHARM INDONESIA Factory2 (インドネシア)
PT.UNI-CHARM INDONESIA Factory3 (インドネシア)
Unicharm Consumer Products(China)  (中國 上海)
Unicharm Consumer Products(Jiangsu)  (中國 江蘇)
Unicharm Consumer Products(Tianjin) (中國 天津)
Unicharm Gulf Hygienic Industries (サウジアラビア)
LG Unicharm (韓國)
Unicharm India (インド)
Unicharm Australasia (オーストラリア)
Unicharm Middle East & North Africa Hygienic Industries (エジプト)
Diana Unicharm (ベトナム)
DSG International(Thailand) (タイ)
Disposable Soft Goods (M) (マレーシア)
  • ※ ISO13485についてはユニ?チャームプロダクツのみ

環境リスク予防とパフォーマンス向上のための環境監査

當社では、環境リスクの予防と環境パフォーマンスの向上を目的とし、主に3つの環境監査を実施しています。

(1)ISO14001環境マネジメントシステムに基づく定期監査
(2)産業廃棄物適正処理のための委託先現地確認
(3)法規制遵守狀況確認など、目的を絞ったフォーカス監査

また、経営監査部が行う業務監査では、環境マネジメントシステムの対象範囲としていない営業拠點などについて、廃棄物処理狀況の確認を実施しています。

環境法規制監査の結果

環境法規制上求められる検査やデータの集計および行政提出書類については、2019年も正しく提出されていることを確認しています。環境法規制違反による罰金の発生はありません。また係爭中の環境案件もありません。

環境活動テーマの妥當性確認

當社は2016年、投資家やNGOとの意見交換を通じてマテリアリティの特定を行い、2020年をゴールとする中期環境目標として「Eco Plan 2020」を作成しました。2019年は「Eco Plan 2020」を進めるとともに、「環境目標2030」の策定を行っています。

ユニ?チャームが特定したマテリアリティ
?水資源の利用
?排水処理?管理狀況
?包裝材の削減?リサイクル
?気候変動への対応
?サプライヤーとのCO2削減目標
?SDGsとの相関
?環境目標の開示
?廃棄物の増加?リサイクルの対応
?持続可能な原料調達
?有害物質の適正管理
?VOCガス排出
?カーボンフットプリント表示
?廃棄物の適法処理
?環境配慮型商品率
?サイエンスベースターゲットのシナリオ
?サプライヤー選定や評価結果
?サプライヤーとの協働
?推進體制とガバナンス
?工場立地の環境影響調査
?IUCN レッドリストの生物種保護?復元
?NOx?SOxの排出量
?環境法規制の遵守
?非財務情報の精度
?第三者認証の比率
?再生エネルギー目標
Eco Plan 2020
実施項目 2015
実績
2016
実績
2017
実績
2018
実績
2019
目標
2019
実績
判定 2020
目標
①廃棄物の
削減
■使用済み紙おむつの再資源化(日本) 技術
構築
自治體
著手
実証
実験
開始
循環
モデル
確立
循環
モデル
運用
開始
循環
モデル
運用
開始
運用
■製品ロスの資源化(海外) 2.0千t 2.6千t 2.6千t 4.3千t 4.0千t 6.0千t 4.0千t
②持続可能な
原料調達
■紙?パルプ調達先第三者認証(日本) 82% 80% 94% 95% 97% 95% × 100%
■紙?パルプ調達先第三者認証(海外) - 84% 87% 90% 92% 95% 100%
■パーム油の調達先第三者認証(日本) 0% 調査
開始
把握
完了
2% 10% 31% 100%
③気候変動
への対策
■環境配慮型商品(日本) 72% 78% 80% 86% 93% 89% × 100%
■エコチャーミングマーク商品(日本) 50% 56% 58% 66% 60% 66% 60%
■エコチャーミングマーク商品(海外) 0% 調査 把握
完了
運用開始遅延 運用
開始
運用
開始
運用
開始
■製造時の2015年比CO2原単位(日本) 基準年 ▲2.4% ▲4% ▲6% ▲8% ▲8% ▲10%
■製造時の2015年比CO2原単位(海外) 基準年 - ▲3% ▲6% ▲8% ▲8% ▲10%
■海外拠點データの収集(売上高比) 73% 77% 81% 83% 85% 88% 80%

①  廃棄物の削減については、

2019年に志布志市で実証実験を開始し計畫達成、製造段階で発生する製品ロスを貓の排泄ケア用品に6.0千t/年間転換し計畫達成となったため上記の判定としました。

②  持続可能な原料調達については、

紙パルプは日本は昨年と同じ比率に留まり計畫未達、海外についてはサプライヤーの協力で日本と同等まで切り替えが進み計畫達成。パーム油については使用量中の約30%をRSPOの認証油であるマスバランス方式に切り替えたため上記の判定としました。

③  気候変動への対策については、

環境配慮型商品は増加したものの、環境配慮に適応した仕様変更が進まない商品が殘り、目標未達に終わりました。エコチャーミング商品比率については、日本では2018年の時點で前倒し計畫達成、海外でも運用開始ができたため計畫達成。製造時のCO2排出原単位の削減目標達成、第三者保証を受けた拠點については、売上高比率88%のため上記の判定としました。

  • ※既に2020年目標を達成した項目(製品ロスの再資源化重量、エコチャーミング商品率、海外拠點データ収集売上高比)については2019年実績を上回るよう推進します。
  • 紙おむつの再資源化に向けた取り組みについては、CSR重要テーマ3をご覧ください

「環境目標2030」策定プロセスにおけるステークホルダー意見交換會の実施

環境活動意見交換會を実施

環境課題を正しく捉え事業活動に活かしていくことを目的に、當社は2019年4月にWWFジャパンとの意見交換會を実施しました。WWFジャパンからは、自然保護室長の東梅氏、気候変動?エネルギーグループの池原氏、海洋水産グループ プラスチック政策マネジャーの三沢氏、森林グループの古澤氏の4名にご參加いただき、當社からはマーケティングやCSR部門からの責任者を含む數名が參加しました。

WWFの皆様からは「2030年の環境目標を設定?開示する際には、まず、その先にある『2050年のあるべき姿?ビジョン』を示すことが重要である。この『2050年ビジョン』を設定した上で、この大きなビジョンに至る過程である2030年までに何を成すべきなのか?を考えてほしい。
ユニ?チャームの事業內容を踏まえると、主體的に取り組んでほしい課題は、1.プラスチック汚染、2.気候変動への対応、3.持続可能な森林資源の調達の3つである」といった主旨のご意見をいただきました。

このご指摘に続けて、3つの取り組み課題について、さらに具體的なご指摘をいただきました。

まず「プラスチック汚染」への取り組みについては、當社がこれまで推進してきた「使用済み紙おむつのリサイクル事業」を評価いただき、また「プラスチック問題に取り組む際は、3R(Reduce、Reuse、Recycle)の順番を間違えずに資材使用量の削減や再生材の活用を進めてほしい。その上で、今後は「Refuse」「Replace」を加えた5Rも検討対象として、できることから著実に実行してほしい。加えて、ユニ?チャームの取り組み狀況が把握できるような情報開示も積極的に進めてほしい」というご意見をいただきました。

続いて「気候変動対応」への取り組みについては、當社では早くから行っているサプライチェーン全體のCO2排出量(スコープ3)の情報開示や、日本で17番目に認定された「科學的根拠に基づいた目標(SBT)」の設定などへの評価をいただきつつ、次のようなご意見をいただきました。「豪雨?洪水?干ばつなどによる経済的な被害が直近20年で倍増している。今日において気候変動は社會共通の課題である。このような狀況において、各企業が『2050年CO2排出量ゼロ社會』を目指す取り組みを宣言し、行政や電力事業者への働きかけることが、CO2排出量を大幅に削減する『再生エネルギー社會』の実現の加速につながる。ユニ?チャームにも積極的な取り組みを期待したい。」

最後に「持続可能な森林資源の調達」については、當社が森林由來資材やパーム油を第三者認証材に切り替え、これらの活動について適切に情報開示していることを評価していただきました。その上で「同じ森林認証材でも産地によって問題が発生している事例もある。よって原産地調査の徹底とその情報開示をお願いしたい。また、製品の原材料はもちろん、オフィス家具や配布物などで使用される森林由來資材にもガイドラインに沿った活用をするなどし、運用拡大を進めてほしい。」というご意見をいただきました。

ユニ?チャームが2030年に向けて特定した環境マテリアリティ
?水資源の有効利用 ?森林資源の有効利用
?環境配慮型商品の促進
?海洋プラスチック汚染
?気候変動対応
?大気汚染対応
 (NOX?SOX)
?水産資源保全の推進 ?リサイクル社會の推進
?開示情報の質向上
?法規制の遵守 ?効率的な生産活動の推進 ?化學物質の適正管理
環境目標2030
環境課題 実施項目 基準年 2030
目標
2050
ビジョン
プラスチック問題対応 副資材における使用量削減 2016年 原単位▲30% 新たな廃プラスチック“0”社會の実現
石化由來プラスチックフリー商品の発売 - 10SKU以上発売
使用済み商品廃棄方法啓発 - 全LMUで展開
販促物でのプラスチック使用ゼロ - 全LMUで原則ゼロ
気候変動対応 原材料調達時CO2削減 2016年 原単位▲17% CO2排出“0”社會の実現
製造時CO2削減 2016年 原単位▲34%
使用済み商品廃棄処理時CO2削減 2016年 原単位▲26%
森林破壊に加擔しない
(調達対応)
パルプ、パーム油の原産地(國?地域)
トレーサビリティ確認
- 完了 購入する木材について自然森林破壊“0”社會の実現
認証パルプ(PEFC?CoC認証)の拡大 - 100%
認証パーム油(RSPO)の拡大 - 100%
紙おむつリサイクル推進 - 10以上の自治體で展開
  • (ESG観點の統合された目標については、2020年秋に開示予定)

ライフサイクル全體で見るエネルギー?マテリアルフロー

排出物のリサイクル率

當社は、消費財メーカーとして事業活動のさまざまな場面で資源を利用しています。資源を利用し、事業活動を行うメーカーの責任として、資材調達から製造、輸送、使用後の廃棄に至るサプライチェーンの各事業活動を通じて、環境改善を推進しています。

また、日本主要生産拠點の排出物については23.8千tonであり、99%以上がリサイクルされました。

ライフサイクルで見るエネルギー?マテリアルフロー

第三者保証

非財務情報の信頼性を高めるため、PwCサステナビリティ合同會社によるISAE3000/3410に基づく第三者保証を受けています。

  • 上図において第三者保証當該箇所には☑マークを記載しました。
  • 第三者保証については、こちらをご覧ください
  • 第三者保証を受けているサイト:(売上高比率88%)
  • 日本國內全事業所(但し営業所とユニ?チャームメンリッケは燃料、電気、CO2のみ)
  • ユニ?チャーム(本社事業所、営業所、開発、伊丹工場、三重工場、埼玉工場)
  • ユニ?チャームプロダクツ(福島工場、靜岡工場、四國工場、九州工場)
  • ユニ?チャーム國光ノンウーヴン(第1製造グループ、第2製造グループ)、コスモテック、ユニ?チャームメンリッケ、ユニ?ケアー、ペパーレット、金生プロダクツ
  • 海外製造拠點(製造事業所のみ)
  • 中國:ユニ?チャーム生活用品有限會社(上海工場、天津工場、江蘇工場)、ユニ?チャームノンウーヴン天津、ユニ?チャーム包裝資材天津
    インドネシア:ユニ?チャームインドネシア(カラワン工場、スラバヤ工場)、ユニ?チャームノンウーヴンインドネシア
    タイ:ユニ?チャームタイランド(バンコク工場)
    インド:ユニ?チャームインディア(スリ工場、アーメダバード工場)
    臺灣-大中華圏:ユニ?チャーム嬌聯有限會社(竹南工場)
    ベトナム:ダイアナユニ?チャーム(バクニン工場)
    アメリカ:Hartz(プレザントプレイン工場)
  • 方針?基準:「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」「地球溫暖化対策の推進に関する法律」「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等に準拠し、環境情報管理に関する社內規定に基づき集計しています。
  • 注意事項:
    1. CO2の排出量は日本國內分は省エネ法?溫対法2018年排出係數に基づく算定、北米を除く海外分についてはGHGプロトコルVer4.8に基づく算定を行っています。(中國 0.734、インドネシア0.809、タイ0.500、インド0.926、臺灣-大中華圏0.8、ベトナム0.351)アメリカについては電力會社ホームページに開示されている公表係數による算定を行っています。
      輸送については日本國內のみ集計しています。
    2. 排出物には、産業廃棄物、事業系一般廃棄物、有価取引物を含みます。
    3. 敷地內排出物のサーマルリサイクルについては、福島工場での焼卻爐の稼働狀況から推計した値を採用しています。
    4. 日本におけるスコープ3の第三者保証を行い第三者保証當該箇所には☑マークを記載しました。スコープ3の第三者保証についてはこちらをご覧ください。
 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm

 
 
成年片黄网站色大全免费